スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黒い週末」凄すぎワロタ

 ももいろクローバーZのシングル「サラバ、愛しき悲しみたちよ」を購入した。表題作は布袋寅泰の作曲とギター演奏参加いうことで話題になったが、そっちの方はどうでもよろしい。いや、いい曲なんだけど、布袋本人が歌ったほうがしっくりくる様な印象を受けたのだ。実際に聴いている時は、脳内で布袋寅泰が歌っているように変換している。元X-JAPANのhide(故人)が作っていてもおかしくないような曲調だが、hideは布袋にかなり影響を受けているので当たり前といえば当たり前であった。なかなかクサイメロディや劇的な展開が多く、ゴス的な要素も感じさせ(実際PVやジャケットもゴスっぽい)、BOOWYやギタリズムの頃の布袋よりも、AUTO-MOD期の布袋を想い起こさせるものがあってなかなかよい。が、前述の如くももクロよりも、自分のソロ用に使った方がよかった曲ではないのかと。今回の購入の目的はこの曲ではなく、2曲目に収録されている「黒い終末」である。
 ももいろクローバーZ「サラバ、愛しき悲しみたちよ」PV

※歌詞の「見ざる 言わざる 聞かざるでござる 君子、危うきに近寄らずデス お願いされたら、やめたくなります だったら、許す だったら、笑え」が凄くhideっぽい。


 おれは今まで散々周りに「ももクロはいい!」と吹聴していたのだが、正直に告白すると、ももクロはとても好きなグループではあるものの、Zになってからの楽曲が正直好きではなかったのでCDは購入していなかったという、とんでもない野郎でなのである。6人編成の頃のシングルを3枚を所有しているのみにとどまり、Zになってからも「Z伝説は素晴しい!」と吼えておきながら、CDを買ったかというと買っていないという体たらく。Zになってからの最初のシングルである「Z伝説」が好きな曲というのには全く嘘偽りはないし、ブレイク直前に脱退した早見あかりに義理立てしているつもりもないのだが、どうにも食指が動かない。アルバム「バトル・アンド・ロマンス」のCDも買っていないし、「Dの純情」以降は単純に楽曲が好きではないのである。マーティ・フリードマンが参加している「猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」」なども、「おいおい、マーティさん、あんたちょっと前までこういう楽曲や、クラシカルな速弾きのギタープレイを散々にバカにしていたよな?」という感想を持ってしまい購入に至らず、「Z女戦争」もおれの好きな元相対性理論のヴォーカリストであるやくしまるえつこの作曲ということで期待したのだが、「やっぱ、やくしまるえつこは“自分の歌詞を他人が作った曲につけて自分が歌う”ってスタイルこそが真骨頂だな」ということで、購入を見送った。

 転機が訪れたのは、ももクロが“桃黒亭一門”名義でリリースした「ニッポン笑顔百景」であった。絶妙なイロモノさ加減がよく、「労働賛歌」等で感じた上滑り感を感じられないバランスのよさに、久々に買いであると思い購入に踏み切った。シングルにカップリングされている“もリフ”名義の「もリフだよ!全員集合」もザ・ドリフターズのパロディソングメドレーとして良くできており、非常にお得感があってよろしい。この曲の作曲者名が“前山田健一”となっているのもポイントが高い。なかなかヒャダインも度胸があるものだと関心。シ-ナ・アンド・ザ・ロケッツの「レモンティー」の作曲者名が“鮎川誠”になっていることを彷彿とさせるが、鮎川御大の域までは達していないのは致し方のないところか。
THE YARDBIRDS「Stroll On」

※映画「欲望」からのヤードバーズの演奏シーン。髭剃り跡が青々としているペイジとベックのツインギター編成が見られる貴重な映像。勿論楽曲は「Train Kept A Rollin'」なわけだが、あの有名なリフはヤードバーズのオリジナルではあるものの、曲自体は実はカヴァーなのである。しかし映画を収録するにあたって原作者のタイニー・ブラッドショウらの楽曲使用許可が下りず、「Stroll On」という曲名に変え、歌詞も変更したヴァージョンを使用した。

 そして本題であるところの「黒い週末」だが、購入動機は「この曲のギターを人間椅子のワジーさん(和嶋慎治)が弾いてる」と聴いたからである。1曲目を取りあえず聴き終え、目的の2曲目が始まると、突然ディレイのかかった咳き込むSEから曲がスタートした。これにはさすがにガッツポーズをとらざるを得ない。BLACK SABBATHの「Sweet Leaf」の出だしのパロディである。そして、70年代のサイケデリックメタル調、もっとはっきり言えばBLACK SABBATH調のギターリフが刻まれるところで狂喜乱舞である。このギターはワジーではなく、作曲者である特撮(“元”と書こうとしたが、現在もあるらしい)のギタリストNARASAKIによるものだが非常にサバスしていて宜しい。ソロはワジーが担当ということである。この曲に日本でサバスを弾かせたら右に出るものはいないであろうワジーのソロを入れるという完璧な人選には拍手を送らざるを得ない。まさに必然である。ファズの利いたハムバッカーの音にワウペダルによるエフェクト。最高である。NARASAKIはももクロでは「ピンキー・ジョーンズ」の作曲や「ミライボウル」の編曲(作曲はヒャダインこと前山田健一)などの重要な曲を提供している、ヒャダインと並ぶももクロソングライターの1人だが、彼の趣味が全開で素晴しい。「ピンキージョーンズ」などはネイティヴ・アメリカン=インディアン=インド音楽という連想からかインド音階などを用い、何故かケチャ(バリ島の民俗音楽)の要素までぶち込むという荒業をかましながらもそれを前面に感じさせず、アイドルポップスとして過不足ない出来だったし、「ミライボウル」もストーリー仕立て(ストーリーはウェストサイド物語のパロディ)のショートミュージカルで、その目まぐるしい展開の多さに圧倒され、アイドルポップスの新境地を作ったわけだが、今回の「黒い週末」の偏りっぷりは本当に凄い。冒頭の「Sweet Leaf」では飽き足らず、2分過ぎ頃の曲調が「Children Of The Grave」調に変わるところで、「All Aboard! Ah Ha ha ha ha! Aye,Aye,Aye...」と、今度はオジー・オズボーンの「Crazy Train」の冒頭部のSEのパロディまで入るというやり過ぎっぷりである。歌詞の中にあるアブラ・カダブラをもじった「カブラ・サダブラ」という呪文もサバスの「Sabbra Cadabra」のアナグラムであろう。いちいち細かいところまで行き届いているのが心憎い。サバス偏重かと思いきや、オルガンが効果的に使われており、VANILLA FUDGEやDEEP PURPLE的な雰囲気(パープルの「Strange Kind Of Woman」っぽいフレーズもあり)でありつつもダンサブルで、言うなればSPIRITUAL BEGGERS的かもしれないが、まさにNARASAKIのオリジナリティがパロディの中で炸裂しているという感じだ。そして後半はこれまでのダーク内容から抜け出し、明るい曲調となり「黒い週末」から「光る週末」になるというカタルシス満点のエンディングとなる。雰囲気が明るくなるときには「ミライボウル」的な演出もあり、あの曲がひとつの転換点となっていたことも思い起こさせる。歌詞の内容も「週末ヒロイン」としてのももクロのこれまでを総括する内容となっているから尚更である。

 メタルファンとしても、ももクロファンとしても非常に楽しめる1曲であった。まぁ、ももクロ自身が作詞をしているわけでも作曲に関わっているわけでもないので、彼女らがサバスに思い入れがあるなんて事は全くないだろうが、ももクロという媒体を利用して(というと言葉は悪いかもしれないが、ネガティヴに捉えないで欲しい)NARASAKIのロックファン振りを全開にしつつも、ももクロらしさを何ら損なわないという、一歩間違えれば酷いことになりかねない絶妙なバランスの上に成り立っている曲であるといえよう。是非聴いてみて欲しい1曲である。「いかにもアイドルって感じの歌唱がちょっと……」という方もいるだろうが、シングルに収録されているオフヴォーカルヴァージョン(カラオケ)が、インスト曲として充分なクオリティで聴けるのである。このヴァージョンの方がNARASAKIとワジーのギタープレイが存分に堪能できたりするから侮れない。

 最後にもうひとつ白状すると、たしかにおれは「バトル・アンド・ロマンス」の“CD”は買っていないのだが、“LP”は持っていたりするのであった。
battleandromance.jpg
※おれの部屋の壁に飾ってあったりする……


サラバ、愛しき悲しみたちよ(初回限定盤)(DVD付)サラバ、愛しき悲しみたちよ(初回限定盤)(DVD付)
(2012/11/21)
ももいろクローバーZ

商品詳細を見る



ニッポン笑顔百景ニッポン笑顔百景
(2012/09/05)
桃黒亭一門、もりフ 他

商品詳細を見る



ピンキージョーンズ <通常盤>ピンキージョーンズ <通常盤>
(2010/11/10)
ももいろクローバー

商品詳細を見る

※NARASAKI作曲の表題作もいいが、ヒャダイン作曲の「ココ☆ナツ」がいい感じにイカレてる名曲。PVの撮影はいわきのスパリゾート・ハワイアンズだったりする。名前は出せないが、あるとき対バンしたハードコアバンドの人がライヴの打上げでこの曲がBGMとして流れると、サビの部分でライヴの振り付けを再現しながら歌い踊ってたのには恐れ入った。


ミライボウルミライボウル
(2011/03/09)
ももいろクローバー

商品詳細を見る

※NARASAKI編曲の表題作もいいが、横山克作曲の「Chai Maxx」がいい感じにイカレてる名曲。名前は出せないが、あるとき対バンしたハードコアバンドの人がライヴの打上げでこの曲のPVを見ながら、振り付けの元ネタを一つ一つ解説していたのには恐れ入った。


バトル アンド ロマンス アナログレコード盤バトル アンド ロマンス アナログレコード盤
(2011)
ももいろクローバーZ

商品詳細を見る

※おれは3990円(定価)で買ったのに、今現在恐ろしい値段で売られててワロタwww ワロタ…… 笑えねえ値段……


シフォン主義シフォン主義
(2008/05/08)
相対性理論

商品詳細を見る

※このEPが一番いい出来かなと個人的には思う。


マスター・オブ・リアリティマスター・オブ・リアリティ
(2010/12/22)
ブラック・サバス

商品詳細を見る

※「Sweet Leaf」収録のサバスの3rdアルバム。


血まみれの安息日血まみれの安息日
(2011/12/21)
ブラック・サバス

商品詳細を見る

※「Sabbra Cadabra」収録の5thアルバム。個人的にはオジーサバスの最高傑作。「サバスは4枚目まで」とかしたり顔で言ってる自称ロックマニアの事が本当に哀れに思わざるを得ないほどの名盤。この次の「SABOTAGE」もええよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして。

最近,洋楽一辺倒からももクロにもはまってしまったオヤジです。
「黒い週末」を検索していたらたどり着きました。
素晴らしい解説です。

勝手な思い込みですが,
“When You Hear Thunder Underground, All Right Now”
という歌詞に呼応して
“魂を揺さぶって締め切ったドアを引き裂いて真剣な声が聞こえた”
と歌っている,ということにして聴いています。
(ライディーン→雷電→Thunderというつながりで)

この曲がリリースされた時に聞いて,迷うことなく買いました。
曲そのものもそうですし,ももクロちゃん達が何も媚びることなく
歌っているところがすごいと思いました。
少しでも「メタルなんだからそれらしく」なんて意識していたら,
この微妙なバランスは崩れていたと思います。

>Low Voltageさん

読んでいただき、ありがとうございます。
この記事を書いた途端、アクセス数が一気に跳ね上がってビックリしています。
ももクロの人気は凄いものだと、改めて実感しました。

それにしても、オジーの曲の中でも「Thunder Underground」を持ってくるところが渋い……!
この曲が入っている「オズモシス」はオジーが引退を撤回して復活した時のアルバムの割に
あまり重要視されていない作品ですが、
中野サンプラザで開催されたこのアルバムの発売イベントに行ったので、
個人的にはかなり思い入れのある作品です。
それを「黒い週末」とリンクさせるという楽しみ方……素晴しいです。

こんちはー

いろいろ感想は有りますが、

写真のHIDEとLupinにシンパシーを感じます!!!

Re: KKKさん

hideとルパンとももクロ…
メタルマニアの部屋の壁とは思えませんよねw

このhideのポスターと同じ写真が、彼の葬儀の遺影に使われたときはビックリしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

でー

Author:でー
メタルとか他いろいろなことを
法螺や誇張を交えてつらつらと

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。